1. 出会い系無料市場
  2. 傾向と対策
  3. 出会い系サイトで嫌われる男性

出会い系サイトで嫌われる男性

公開日:

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • livedoorクリップ livedoorクリップ登録数
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐにメアドや電話番号を聞こうとする男は嫌われる!

メールやチャットなどコンタクトを取り始めてまだ間もないのに、やたらとメアドや電話番号を聞きたがる男性がいます。女性からしてみれば、まだ相手が信用できるかどうかもわからないうちに大事な連絡先を教えることはできないので、避けられるタイプの男性と言えるでしょう。男性と女性では、相手に心を許せるまでかかる時間の長さが違いますので男性は気をつけなければいけません。
ただし、そうした女性独特の心理を利用してサクラ行為や冷やかし行為を働く悪質な会員が稀にいることも事実で、男性側からすると、相手の見極めもしっかり行わなければならず、また、その反動で相手が本物の女性かを確かめるために連絡先を聞こうとしたりするなど、一概にそうした男性が悪いと言い切ることはできない難しい状況も背景にあります。

すぐに会おうとする男は嫌われる!

連絡先をすぐに聞こうとする男性と一見同じように思われがちですが、若干異なる点があります。このタイプの男性は、相手が本物かサクラかに関わらず、(例え、相手が本物の女性であることが確認できても)とにかくすぐに会おうと相手に迫るということです。要するに、終始ガッツいているわけですが、こういうタイプの男性はいくらルックスなどが良くても女性からは敬遠される対象となります。

性的な目的を前面に出している男は嫌われる!

自己紹介も済んだか済まないかの初期の段階からやたらと性的な質問ばかり相手にぶつけたりする男性は相手の女性から避けられます。少なくともいい印象を相手に与えることなどは不可能に近いでしょう。出会い系サイトは大人同士の出会いの場でもありますから、当然そうした目的の男女は数多くいますが、女性の心理としてはお互いに体の関係が目的だとしても、それは上手に隠して欲しいものです。あからさまにそうしたことを前面に出されると、女性は自分が安く見られたと思いますし、“出会い系サイトで知り合った男性と体の関係を持つ”ということに対して自分自身に言い訳できなくなります。男性と肉体関係を持つとき、女性は、「酔っ払ってしまったから」「相手がいい人だったから」「タイプの男性だったから」というように自分の中での言い訳を必ず用意しているものです。そうした“言い訳”に入る男性を目指しましょう。急がば回れということです。

イケてるアピール全開の男は逆に嫌われる!

出会い系サイトやライブチャット利用者の中には、競争相手の他の男性よりも殊更自分をよく見せようとしてアピールしまくる人がいます。年収が○○、車が○○、顔が○○と自分のアピールに余念がないタイプの人です。言い方を変えるとアピールが下手な人と言えるかもしれません。実生活でもそうであるように、女性に対してはさりげないアピールを心がけましょう。心配しなくても女性はしっかりと相手の男性を細かくチェックしています。アピールポイントを持っている男性は必ず女性から発見されるでしょう。

女性の話を聞かず自分の話ばかりする男は嫌われる!

女性は基本的に話を聞いてもらいたい生き物です。なので、特に最初のうちは相手のペースで会話を進めてあげることが肝要です。自分のことを知ってもらいたいがために、相手女性の話を聞くのもそこそこに自分の話ばかりする男性がいますが、これはいけません。話を聞いてくれない男性は女性には好まれません。聞き上手になることを心がけましょう。男女関係においては、“酔っ払って、語る上司”になってはいけません。

ページ上部へ戻る