1. 出会い系無料市場
  2. ブログ
  3. ネットの出会いは出会うのが難しい

ネットの出会いは出会うのが難しい

公開日:

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • livedoorクリップ livedoorクリップ登録数
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトは、出会い系サイトを中心に、他にもSNSライブチャットなどのネットの出会いサービスや出会い探しに利用できるサービスについて解説していますが、そのいずれもに共通して言えるのは、出会うのは決して簡単ではないということです。

サイト選びがカギを握る出会い系

出会い系サイトにおいては、何よりもまずサクラが存在していますし、サクラ出会い系自体の数も非常に多いです。本当に出会えるサイトというのは、出会い系にはほんの少ししかないというのが実態です。それに加えて、最近では、以前は安全に男性と出会うことができた女性利用者ですらも、サクラ詐欺の対象となっていることから、性別を問わず出会い系サイトで出会うのは決して簡単なこととは言えません。

出会うためには、優良出会い系を的確に見極めて、登録先として選択することが求められます。

※関連⇒サクラがいない出会い系を使う/一般会員と出会う方法

会うまでに時間のかかるライブチャット

出会うのが難しいということは、昨今すっかり男性向けのネットサービスとして定着したライブチャットについても言えます。ライブチャットの女性は、基本的にすべて職業としてチャットに登録しています。男性とより長い時間会話をすることで多くの報酬を受け取ることができるので、男性の気を惹くために、調子のいいことを言ったり、気に入ってもらおうと必死になって会話を引き延ばそうとするのが基本です。

そのような女性に対して会うことを求めても、女性側からすれば会うメリットがないためなかなか出会いの実現には結び付きません。女性の立場からは、一度でも出会ってしまうとチャットを通じての会話ができなくなるため、報酬を受け取ることができないためです。

もちろん中には、気が合った男性とプライベートで会うことを選択する女性もいますが、それは非常に稀なケースであり、また、会うまでには非常に多くの時間や金銭的なコストを費やす必要があります。つまり、出会い系サイトでのように、登録してから1ヶ月以内に、利用金額2,000円以内で出会えるというようなケースはまったくないということなのです。

時間に加えて、料金面での負担も大きいことからライブチャットでの出会いは現実的ではないと考えるのが妥当でしょう。

出会い目的で使いづらいSNS

mixiが全盛期の頃は、今と異なり会員同士が自由に出会うことができました。実際、その当時にはmixiなどのSNSを出会い系に代わるサービスとして利用する人も多かったです。

しかし、規制法による定めによって出会い系サイトを利用することができない18歳未満の児童が出会い系として使うケースが続発し、援助交際の温床となり始めたことからSNSは各社とも自主規制を行うに至りました。出会いの機能を一部制限したり、機能そのものを排して健全化を図るSNSが非常に多くなってきているので、現在では出会い系に代わるものとして利用することが難しくなっています。


このように、ネットの出会いについて大きな期待を抱く人が多い一方で、それを実現するのは決して簡単ではないという現実があります。このことについてあらかじめ理解した上でネットでの出会い探しをすることが、被害に遭うリスクや会えないリスクを間接的に低くすることにつながります。

ページ上部へ戻る